S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

漆音(しちね)

Author:漆音(しちね)
牝 B型 1987年2月製。

西洋文学が好き。
枯葉がおいしそうに見える。
海水水槽初心者です。
コメント大歓迎で御座います。

最近のコメント

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進行に見た、緩んだ光

消えぬ青の骸は、闇に透ける。
その肌に反射する負の光が、いつしか出会う仏の笑みを称えいていよう。
遮断したと躍った高揚は己を苦しめる。
活性化されて動き出した魔物は目の前を真っ赤に染めた。
払拭の過去、擡げた錘は二度と錆びない。

白魚は海水に溶けてゆく。
淡水魚を羨み、深海を目指しては進み、歩みなど連想させないのだ。
ゆるりと止む細胞への攻撃に、緩まずにはいられぬだろう。
擡げる 
白魚は闇に染めてゆく。
綴り行く青の奥の底、生命を穿った、己を苦しめる朱色を目指し果てぬ。
白魚は海水に溶けてゆく。
淡水魚などとうに残像になり、深海の生物をも羨むように、歩む事を覚えた。


満足を得たら終焉を垣間見る。
長い旅路で培った自律のゼンマイを自ずと巻く手立て、あるのだろうか、
満足を得たら、終わるのだ。

美しさは危険を呼ぶので、彼が求めたのは ”錆びない油” と称される。
錆びても磨けば潤滑を得るが、酷使をやむなく見るのは決壊なのだ。
白魚は海水に溶け行く。

目指した先など、記憶の果てに飛んでしまった。
深海に溶け行く、闇に溶け行く、青に透ける、記憶の底に在る。
在る筈の無い固執概念の物の怪が、首を頭べて君を待ちわびている。



眼下を染めた老廃物を払拭し、いつか見たあの景色をもう一度。
翻した尻尾が喜んでいるのを、羨まれた筈の深海魚たちが、蔑むこともなく、見ているよ。
スポンサーサイト

プテラポゴンカウデルニー

そろそろ水換えをしたいなーと思ってきました。8/24に立ち上げてそろそろ半月ですもんね。



ところで、プテラポゴンカウデルニーという割とメジャーな海水魚がいるのですが、



この子を三匹くらい入れたいなぁ…という。はい。

後はサンゴとホワイトソックス。

いや、まずシャコをなんとかせにゃいかんのだけどさ…。



どうやら惹かれる魚が、割と獰猛なやつが多い。
サメとかハナミノカサゴとか、見た目は可愛らしいけど毒持ったハコフグだとか。

いつか海水魚上級者になってタツノオトシゴを飼いたいなあ…なんて思いを馳せながら、

そろそろサンゴさんも買いに行こうかな、なんて思っております。


まあ。稼がなきゃネ(死亡フラグ

シャコ発見?!

さ、昨日未明、シャコパンマンを発見…!



この写真だと分かりにくいですが、はじめは脚の模様が目に見えてたいそうキモく見えました。

ビビって師匠に連絡、検索を進めるとどうやら、ハナシャコではないかと…!いう結論に…!


と言うわけで、シャコホイホイを作ってみました。罠です!罠を張るのです!




いろはすのペットボトルはカリ?(ww)みたいなのがついてて、固定用のテグスやらワイヤーが不要でした。


罠を設置して10時間くらい経過しましたが、なんと。


ヤ ド カ リ が つ れ ま し た 。



おまえじゃねえええ!!!!




というわけで、僕の水槽のシャコは今日も元気です!
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。